心理検査を受ける際の注意点

コーヒーとメモ帳 Free-PhotosによるPixabayからの画像

実施する検査は、セラピストと話し合って決定します。
その際、病状がお悪い方などの検査は、実施をお断りする場合があります。

 

また、アスナサは医療機関ではないため診断はできません。ただし、診断補助となる心理検査は実施できますので、必要時は連携している医療機関をご紹介します。

 


検査の流れ

1羽のふくろう Erik KaritsによるPixabayからの画像

ご依頼があってから1週間以内の検査実施が可能です。土日も実施しております。

通常の流れ
 ①ご予約時に、検査を受けたい旨をお伝えください
 ②当日面談(20分程度)
 ③検査実施(10分~)
 ④お支払いと、後日面談日の決定
 ⑤セラピストによる結果分析(10日程度)
 ⑥後日面談(結果説明を30分)

料金・時間

2の模様 congerdesignによるPixabayからの画像

アスナサは医療機関ではないため健康保険は使えません。

 

料金は検査項目ごとに、当日面談時間・検査実施時間・後日面談時間を合算して算定します(1時間8,000円)。ただし「時間を気にせずに検査を受けて頂きたい」気持ちもあるため、検査項目ごとに目安となる時間から料金を固定いたしました。詳しくは、下記の表をご参照ください。

 

 8,000円となる検査(検査当日30分程度+後日面談30分)
TEG 自分で捉えている性格傾向が分かります
ソンディテスト こころの深い部分の働きが分かります
D-CAT 作業能率のスクリーニングができます
 10,000円となる検査(検査当日40~60分程度+後日面談30分)
P-Fスタディ ストレス時の対応が分かります
描画テスト 絵を描き、こころの深い部分を探ります
SCT 文章を書いて、こころの深い部分を探ります
PILテスト 生きがいについて考えます
クレペリン検査 集中力や粘り強さなどの作業能率をみます
 16,000円となる検査(検査当日90~180分程度+後日面談30分)
知能検査 WAIS-Ⅳ 能力の得意・不得意をみます(16歳以上)
ロールシャッハテスト 思考パターンや人格像を探ります

 

複数の検査を同日で実施する際は、算定方法が変わります。また、上記の表に載せていない種類の検査もあります。詳しくはお問い合わせください。

 

日程の変更やキャンセルは、なるだけ前日18時までにご連絡ください。当日の無断キャンセルは1,000円を次回時にお支払いいただきます。


通院中の場合

3人の熊 Mabel AmberによるPixabayからの画像

主治医の先生がおられる場合は、まず先生に受検をご相談ください。先生のご紹介があれば、当日面談にかける時間の短縮ができますし、結果をご紹介機関に郵送させて頂くため、料金の割引ができます。詳しくはお問い合わせください。

 

なお、主治医の先生からのご紹介(発達障害の診断補助目的)のもと、WAIS-Ⅳを受けられる場合は、一律9,000円とさせて頂いております。来室される際には、母子手帳・通知表・過去や現在困っていることのメモ書きなどを持参して下さい。

また、ブログ『発達障害と心理検査』(https://www.asunasa.com/2020-6-発達障害と心理検査/)を事前に読んできて頂けると幸いです。

 

ご紹介がある場合の流れ
 ①ご予約時に、ご紹介元がある旨お伝えください
 ②当日面談(15分程度)
 ③検査実施(10分~)
 ④お支払い
 ⑤セラピストによる結果分析(10日程度で結果を郵送)
 ⑥ご紹介機関にて、手紙形式の結果を受け取ります

手紙形式の結果を読んだ後、セラピストに直接会って結果について話をしてほしい場合は、後日面談を30分3,000円で承ります。