セラピスト紹介

セラピスト

恒松陽子(つねまつようこ)

 

臨床経験

 精神科病院で20年勤務

 

好きなこと

インドア派ですが、カメラは好きなので外に出ます。読書も好きです。最近次女に勧められ、まふまふさんとカンザキイオリさんを聴いています。

セラピストのイメージ写真

資格と所属学会

セラピストは、臨床心理士と公認心理師の資格を保持しています。所属学会は、EMDR学会と心身医学会と箱庭療法学会となります。

臨床心理士は、指定大学院(もしくは専門職大学院)を終了し、(財)日本臨床心理士資格認定協会の試験に合格した心理専門職に与えられる資格で民間資格です。

公認心理師は、日本で初の心理職の国家資格で新設されたばかりです(平成29年9月公認心理士法が施行)。国民の心の健康の保持増進」に寄与することを目的としていま

資格の有無で全てが決まる訳ではありませんが、資格には、その資質の向上を図るための研鑽が求められますので、セラピストを探す際のひとつの目安になると言えます。 

経歴

1997年 福岡教育大学 教育学・教育心理学専修を卒業

1999年 熊本大学大学院 教育学研究科を修了

1999年 医療法人富尾会 桜が丘病院勤務

2019年 心理セラピールーム上通並木坂アスナサ開設

セラピストから

当セラピールームの名前『アスナサ』は、外国語のような響きですが、肥後弁の『明日の朝』からきています。

人は悩んでいる時、明日の朝が来るのが辛かったり不安だったりするものです。あなたの明日の朝が希望がもてるように変わるお手伝いをしたいと思って命名しました。

 

そして、セラピストは、セラピールームを開設する時は必ず箱庭を置こうと考えていました。それは昔から箱庭が好きだったことと、熊本地震後に我が子が作った箱庭を見て衝撃を受けたからです。

当時セラピストは、地震後に病院内にできた臨時保育園の運営担当をしていました(当時は保育園も学校も休みになり、子どものおられる看護師さんが安心して働けるように、病院内で子ども達を預かっていたのです)。その日の夕方、セラピストは運営日誌を書きつつ、我が子を病院の箱庭で遊ばせていたのですが、次女は迷路を作っていました。先行きが見えない箱庭だなと横目で見ていたら、人形を指差して「あのね、この子いっぱい迷うんだけど、学校に戻るんだよ」と。ハッとさせられました。学校のオブジェはなかったのにも関わらず、彼女には学校という彼女の日常が見えていたのです。当たり前の生活が戻ってくるのを信じている彼女のまっすぐさは、疲れたセラピストのこころを癒し、あと少し頑張ってみようとエネルギーがわいてきました。

あの日セラピストが何かを得たように、素敵なプレゼントを得られる人が増えることを祈って、箱庭を置くことにしました。