対話による面接

森の中のキツネのイメージ写真forest-2386721_1280

初回の面接の中で、あなたが今困っていること・解決したいことについてお話をうかがいます。その上で、あなたが今後どうなっていきたいのかの『ゴール』をお尋ねします。このゴールという視点はとても大切です。のぼりたい山を決めるのは、セラピストではなく、あなた自身です。

 

もしかしたら、何から話をしてよいか分からない場合もあるかもしれません。それでも構いません。『ものごとは、心で見なくてはよく見えないんだよ。いちばんたいせつなことは、目には見えないんだ』と物語にもあるように、自分の根本を探り、他者に分かりやすく伝えることは存外に難しいものなのです。

 

ですが、あなたが自分の言葉で、そして自分のペースでセラピストに話す過程そのものに効果があります。少しずつかもしれませんが、問題や悩み事の本質が整理整頓されていき、自ら答えを出せるように変わっていくことでしょう。


注意点その1

ひよこを守る手のイメージ写真life-2529859_1280

対話をする中で、あなた特有の行動や考え方などのパターン、今現在の言動に、過去の体験が影響していることが見えてくる場合があります。その際は、あなたと相談しながら、対話以外の適切な心理セラピーの方法をご提案させていただきます。

もちろん、あなたからの、他の心理セラピーを試してみたいというご希望もお受けいたしますので、お気軽にお伝えください。

注意点その2

スマイリーの表情イメージ写真smiley-2979107_1280

対話の途中でセラピストが質問や助言をいたしますが、あなたにとって耳の痛いことを言う場合があるかもしれません。自分が変わるキッカケをみつけにこられている以上、お伝えするのが筋だと思いますが「ただ静かに話を聞いてほしい」という方は、事前に希望を述べて頂けると幸いです。また、セラピストから納得できないことを言われた際は、その気持ちをお伝えください。それをキッカケとしてセラピーが深まる場合があります。

通う時間と頻度

三角模様のイメージ写真background-3045402_1280

初回の面接には、少なくとも1時間はかかります。話が長くなりそうな方は、これまでの経緯を紙に書き出してきて頂けると時間を有効に使えるでしょう。

通う頻度は個人差・課題差があります。1回通うだけで済む方もおられますが、基本的には1~2週に1回の頻度として、3~10回程度通うことをお勧めします。問題が落ち着いた後は、メンテナンスとして通うことも可能です。

ただし、時間と頻度は相談に応じますので「月1で」などお伝えください。